トピックス

2013年5月30日

国内の三大銀行は、長期金利の上昇に伴う措置として、主力の10年固定型住宅ローンの金利を最大0.2%程度引き上げ、年1.6%前後とする方針を固めたことが明らかになった。
日銀による金融緩和策で円安と株高になっているものの、一方で国債市場が落ち着かず住宅ローンがあおりを受けたと言えよう。

売る:売却 学芸大学付近の駐車場 住まい選びのポイント お役たちリンク集 不動産用語集 会社概要 アクセスマップ がくるーむ お問い合せ facebook

ページTOPへ